悔しさは、頑張る力になる!

子ども達は、それぞれの課題のミッションをもって学習をします。

ミッション取組中の隙間の時間(採点待ち)や、

ミッションクリアがスムーズに進み、

持ち時間に余裕がある場合は、先取り学習を進めます。

ミッションクリア、先取り学習等の評価を毎回の学習で

形に表しています。

姉弟の会話の中で、

「今日はコイン〇個ゲット!」などの会話があるのでしょうか。

自分が少ない場合は悔しさが出るのでしょう。

「お姉ちゃんは、コインを3つもらっていたけれど、

ぼくはたぶんコイン2枚だから、くやしいです}

悔しさは、自分に可能性があるから。

次の学習を意識できていること。

今日の悔しさは無駄ではなく、未来を感じられる希望!

いいよ。






38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示