台風


教室ガレージのコーンや置きっぱなしのものを片付ける。

何年か前の大阪が大きな被害を受けた台風では、

私たちの教室も外壁が剥がれる被害があった。

ご近所のご主人さんが助けてくださり、雨の中補修をした。

被害を最小限に。

ご近所へのご迷惑もないように。


近隣の学校は避難所開設との連絡を受けるものの、

台風にしては穏やかな雨風でおさまり、胸をなで下ろす。


こんな時に息子は試合で東京。

車で行ったのか・・・・。

台風の進路に向かって帰ってくるとの日程。

社会人になっても親の心配は、子ども扱い。

帰りの非常時に備え、食べるもの、飲むものの用意をすることなどなど・・・

新幹線で帰ってくるとの事を知り、ちょっと安心。

彼の住まい地は大荒れとの情報に、またまた心配の子ども扱い。

「家に着いた」のラインにやっと落ち着く。


親は、いつまで経っても親。

子どもはいつまで経っても、親には三つ子。

弟のことでハラハラする母に、

ラインの向こうの兄は、

「相変わらず青春してるな~」の1行で終わる。(^_^;)






閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示